William Hill Sports

ブックメーカー投資について:登録方法 入金方法 Williamhill紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確実な勝利法、アービトラージとは

「FXでなかなか儲からない」、「株式への投資で資産が減ってしまった」
という人は是非以下をお読みください。



みなさんは、投資には必ずもうかる方法があるのをご存知ですか?


それは、アービトラージという同じものの価格差を利用した方法です。


アービトラージは、金融の世界では有名な単語ですので、為替や株をある程度経験された方ならご存知だと思います。日本語で言うと「裁定取引」であり、ひとつのものの価格差を利用した鞘取りのことです。


横文字で説明するとわかりにくいですが、要するにひとつのものに2つの値段がある場合、安いほうで買ってきて高いほうで売るというシンプルな話です。その性質上、リスクがほとんどなく、確実に稼げる取引といわれています。


そうはいうものの、わかりにくいという方のために、例えば、株式市場で考えて見ましょう。A自動車の株が東京証券取引所では100円、大阪証券取引所では102円で取引されていたとします。そうすると、投資家としては東証で株式を100円で買ってきて、すぐに大証において102円で売れば、ノーリスクで利ざや2円を稼ぐことができます。


為替や株式の世界では、大手金融機関がシステムを開発して大々的にアービトラージ取引を行い、毎年莫大な収益を上げていますが、金融機関が組織的に行っているため、かなりの過当競争です。


そのため金融商品での実行には膨大な資金と高度なシステムが要求されます。金融の世界では、アービトラージは「有利なことは誰でも知っているけれども、金融商品で個人が実際に行うのは難しい取引手法」なのです


株式市場や為替市場では、前述のように金融機関がアービトラージをしている影響でこうした価格差はあまり発生せず、もし発生してもごくごく短時間で値段は収束してしまいます。そのため、あまりアービトラージの成り立つ余地はありません。しかし、組織的にアービトラージをしている大きな機関がなく、参加者の少ない商品では、個人でもアービトラージを行うことが可能となります。


海外のスポーツくじ業者での取引、いわゆるブックメーカー投資には機関投資家はいません。そのため、零細個人でも「必ず儲かる」取引方法、アービトラージを問題なくできる余地があります。


そのため、ブックメーカー投資では、個人レベルでも、最大数%の利益を取るアービトラージ取引ができます。実際にブックメーカーでアービトラージ取引している人は、元本に対して、ノーリスクで概ね月間5%~15%の利益が出ているようです。


ブックメーカーの具体的な例としては、以下のWilliamHillなどが有名です。


William Hill Sports


海外というと怪しい感じもしますが、大手には、このようにイギリス国内に数千の路面店(WilliamHillは2000店超)を構えている上場企業もあります。基本的に信頼できるブックメーカーであれば心配いりません。日本の地場証券やFX業者よりも、ずっと信頼できるところも少なくありません。

WilliamHillREX_228x310.jpg


個人でもっともアービトラージで利益を出しやすい商品は、ブックメーカーと言ってしまってもいいでしょう。


「そんなおいしいなら、なぜもっと広まらないの?」


と思うのは当然の疑問ですが、それは取引に手間がかかることに加え、1回あたりのベット制限(5万から10万円くらいが多い)や業者によるアービトラージ規制などもあり、元本200万円、利益にして月間20万円台くらいが投資上限だからです。


大口で本格的にやるには、ちょっと難しいため、個人以外は手出ししないのです。


以下では、アービトラージの具体的な方法について説明します。


たとえば、日本ハムとオリックスのゲームを例にとって考えて見ましょう。ブックメーカー間のオッズ(払い戻し倍率)は少しずつ異なりますので、たとえば以下のようになったとしましょう。


A社 日本ハムの勝ち 1.1倍 | オリックスの勝ち 4倍
B社 日本ハムの勝ち 1.6倍 | オリックスの勝ち 3倍


これで、B社で日本ハムが勝つ方に100ドルA社でオリックスが勝つ方に40ドル(160ドル÷4=40ドル)を同時に賭けるとします。(賭け金額は計140ドル)日本ハムが勝つとB社から得られる配当は160ドル利益は160-140ドルで20ドルになります。オリックスが勝つと、A社から得られる配当は160ドル、利益は160-140で20ドルになります。


つまり、この賭けではどちらが勝っても、元手の140ドルから最低20ドルの利益がでます。アービトラージがネット上などで「確実に儲けが出る」といわれるのはこういう意味です。確かにこれなら買っても負けても利益が出ることになりますので、負けはありません。実際のやり方はコツがあるので、高いパフォーマンスをあげるためにはある程度の学習が必要ですが、基本的には負けがない取引であることは事実です。そのため、賭け金の金額を増やしていけば、確実な儲けの額が増えることになります。


fs.png


取引開始は、ネット送金サービスの口座と、ブックメーカーの口座があれば、始められます。


取引には通常5~10業者くらいを使うことになります。ネットをたたけばいろいろ出てきますが、信頼できる業者は少ないので、当サイトで厳選した信頼できる業者リストをご利用ください。



William Hill Sports

Online Sports Betting at Pinnacle Sports
スポンサーサイト

アービトラージの取引方法

ここまで色々説明してきましたが、アービトラージについて理解するには実際にブックメーカーに登録してみてみるのが一番です。以下の実際に登録後の画面で色々な試合を見比べれば、オッズが業者ごとにそれぞれかなり違っているのがわかるはずです。


とはいえ、オッズが違っているだけではアービトラージが絶対に成立するわけではありません。実際にアービトラージの存在を知り、取引するには専用のアラートシステムを使うことになります。こうしたサービスに申し込めば、アービトラージ取引が可能なゲームを速報で詳細とともに教えてくれます。


こうしたアービトラージは、数分ですぐに消えてしまいますので、速報性が命です。それゆえ自分で計算するのは非常に困難です。現実的には無理と考えたほうがいいでしょう。


そのため、アービトラージ取引では、アラートシステムを使う必要があるわけですが、世間には色々なシステムが氾濫しているので、その中から適宜選ぶことになります。基本的な知識として、アービトラージはリアルタイム性が重要なのでASP型のサービスがいいといわれます。自分でダウンロードして使うタイプのものは、情報のスピードとしてはイマイチです。


初心者には、SPブレインか、Rebelbettingというアラートサービスが一番いいと思います。どちらも日本語のサポートがあり、問題があっても安心して日本語で問い合わせることができます。

Start Your Free Trial Now!

実際に取引を始めるには、第一に送金手段の用意、第二にアラートサービスの申し込み、第三にブックメーカーの口座開設の三段階となります。以上が完了すれば取引開始できます。


William Hill Sports
ブックマーク


おススメ業者No.1
williamhill.com

初心者は絶対にここ
世界最大手で信頼性No1
→詳細はこちら

ぽちっとクリック
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
アクセス
勝ち組マガジン
メルマガ登録・解除
ブックメーカー投資で月20万
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
プロフィール

lehman

野球やサッカーの試合に投資できる!?

ブックメーカーを利用すれば、メジャーリーグ、NBA、NFL、欧州サッカーJリーグ、ボクシング、ゴルフ、テニス、K1、F1、五輪、W杯、日本プロ野球などのスポーツに投資することができます。競馬などの公営ギャンブルに比べて還元率が高く、見込める利益もその分高くなっており、十分に投資として成立します。

このブログは、海外ブックメーカーを利用した取引で、毎月の給料プラス20万円獲得を目指す貧乏サラリーマン、ミツオの投資 ”実践 ”記録です。白熱の好ゲームから、ノーリスクで確実に儲ける方法まで、皆さんのお役に立つ情報を提供します。

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。